紅葉<東京都>清澄庭園 2019

清澄庭園は、水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」であり、東京都指定名勝に指定されています。

明治11年、三菱財閥創業者である岩崎弥太郎が荒廃していたこの邸地を買い取り、庭園造成を計画し明治13年に「深川親睦園」として竣工しました。
弥太郎の没後も造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水、全国から取り寄せた名石を配して明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」として完成しました。

清澄庭園内には3つの中島を持つ池である泉水が中心にあり水鳥や鯉、亀の姿を眺めることが出来ます。

その池の端を歩けるよう石を配置した「磯渡り」は歩を進める度に景観が変わるよう工夫されています。また、園内には「磯渡り」の石を含めた岩崎家が全国から集めた名石が無数に配されています。

「紅葉<東京都>清澄庭園 2019」の続きを読む…

【関東・東京】PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス

今回紹介するのは、東京都港区にある「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」です!

PIXARといえば、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などとても人気のある作品が多いですよね。

でも、どうやってあの映像を制作しているのか気になりませんか?

今回の展覧会は、そのひみつに迫ります!

「【関東・東京】PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」の続きを読む…

【東京】2018年夏休み 子供向けイベント


もう既に夏休みに入った小学校もあります。
この夏家族でどこにお出かけされるか悩んでおられる方、必見です。

幼稚園生・保育園生・小学生向けのイベントを紹介します。
ショーやライブだけでなく、一緒に楽しめるカフェやランチ、気軽に立ち寄れるポップアップショップもありますよ。

「【東京】2018年夏休み 子供向けイベント」の続きを読む…

紅葉<東京都>六義園 2017

造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていた六義園。

庭園の名称にある六儀とは、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来するのだそうです。

六儀園は「回遊式築山泉水庭園」と呼ばれる庭園であり、広さは3000坪です。

池をめぐる園路を歩きながら移り変わる景色を楽しむことが出来ます。

庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた名勝の景観、中国の故事に因んだ景観が映し出されます。
「紅葉<東京都>六義園 2017」の続きを読む…