紫外線から目を守るサングラスの選び方

紫外線は気温とは関係なく、春先から強くなります
肌への紫外線はUVカットのクリームを塗ったり、帽子や日傘などで対策をされている方も多いでしょう
しかし、紫外線は目からも入ってきます

スポンサーリンク


目に対する紫外線の影響

長時間紫外線の当たる場所にいる場合、目から入ってくる光によって「充血」「ドライアイ」「眼精疲労」などが引き起こされます
また、長期にわたる影響としては、白内障なども挙げられます

更に、目から入った紫外線によって、脳が「明るい場所にいる」と判断すると、全身にメラニン色素を作る命令を送ることがわかっています
日焼け止めの対策としても、目から入る紫外線の量をカットすることは有効になります

目に対する紫外線対策

日常生活で、屋内で多くの時間を過ごす方ならば目に対する対策を特にしなくてもそれほど問題になることはありません
なるべく日の当たらない場所を歩くとか、日傘を差すなどで目に入ってくる紫外線も少なくなるからです

ただ、休日にテニスをするとか、ドライブに出かけるとか、釣りをするとか、屋外で長時間過ごす場合は、
やはり目に対する紫外線対策も必要になります

対策の方法として、一番有効なのはサングラスです
サングラスの着用によって、目から入ってくる紫外線の9割をカットすることができます

紫外線に対する教育が行きわたっている欧米では、生涯にわたる紫外線の総量を減らすために、子どものころからサングラスをする習慣が広がっています

スポンサーリンク

サングラスの遮光の方法

サングラスが光を遮るための方法は、大きく2つに分けられます

1.UVカットレンズ

レンズに紫外線を吸収する素材を使って、目に入る紫外線を減らす方法です
サングラスの説明書などには「UVカット率」という項目があります
ほとんどのサングラスで90%以上となっているはずです
製品によっては、「UV透過率」となっている場合もあります
UV透過率1.0%以下ならば99%以上の紫外線をカットしているという意味です

ただ、気を付けなければならないのは、サングラスの色とUVカット率は同じではないことです
ファッションのために濃い色を採用したサングラスの場合、UVカット率がそれほど大きくないこともあります

濃い色のサングラスの場合、目に入る光の量は少なくなるため、瞳孔が開きます
その状態で、紫外線の量はあまり変わらないため、目に悪影響を及ぼす可能性があります

雑貨屋などで、ファッションのために販売されているサングラスで、長時間紫外線を浴びる場所にいることは避けるべきです
紫外線カットのためのサングラスはメガネショップで、販売員と相談しながら購入することをお勧めします

2.偏向レンズ

窓につけるブラインドと同じような仕組みで、斜め方向からの光をカットする方式です
光は光源から直接目に入ってくるだけでなく、反射して目に入ってきます

釣りをしている場合に、水面がまぶしくて海中が見えないといった場合などが当てはまります
つまり、反射光などの雑光をカットするのが、変更レンズです

サングラスの説明書などでは、「偏向度」などと表示されています

ゴルフなどのスポーツをする場合や、ドライブをする場合などには偏向度が高いレンズを選ぶのが良いでしょう

スポンサーリンク
おすすめリンク
紫外線から目を守るサングラスの選び方 はコメントを受け付けていません。 紫外線対策