うねりや広がりを押さえたい 自分で出来る梅雨時のヘアケア

梅雨になると髪型がなかなか決まらず、苦労してセットしても外出して帰ってくるとボサボサなっていたりするものです
梅雨に起こる髪のトラブルは湿度が高いことと深く関係しています
この時期の髪の悩みには次のようなものがあります

・セットした髪が時間が経つと広がってしまう

・髪が思ったようにまとまらない

・変な方向にうねってしまう

・髪のボリュームが出ずにぺったんこになってしまう

スポンサーリンク





梅雨の髪トラブルの原因

髪の毛は通常11~16%の水分を含んでいます

湿気が多いと髪が水分を吸収し、膨張します
健康な髪ならば、すこしボリュームが増えた程度で済むのですが、ダメージのある髪はいびつな形で膨張してしまいます
その結果、広がったり、思ったようにセットできなかったりするのです

髪の毛はキューティクルで覆われています
通常はキューティクルがきれいに並んでいるのですが、傷んだ髪では剥がれたり、すき間ができたりしています
この剥がれた部分や、すき間から水分が入り込みその部分が膨らんでしまうのです
これが、広がりやうねりの原因になります

普段から、ヘアパックをしたり、トリートメントを使用するなどしてダメージケアを怠らないようにしましょう
しかし、一度ダメージを受けた髪は再生しません
その対策としては、なるべく水分が髪に吸収されないようにすることです

うねりや広がりを抑えるヘアーケア

ヘアオイル

髪の毛が直接水分を吸収しないようにするためには、オイルを利用しましょう

椿油は、キューティクルをコーティングして熱や紫外線から守ってくれます

ドライヤー

髪を乾かすときに、あまり強い熱を当てるとキューティクルを痛める原因になってしまいます

乾かすときは、地肌を指でこすりながら乾かします

襟足は乾かしにくいので、地肌をこすりながら髪の毛を持ち上げるようにしましょう

髪の毛の先のほうは、根元が乾いていれば、自然に乾きます

最後に手ぐしを通しながら冷風で、仕上げます

ブラッシング

ブラッシングをすることで、髪の毛の間にある水分を飛ばすことができます

プラスチック製のブラシは静電気が発生するので、豚の毛やイノシシの毛のものを使うことをおすすめします

スポンサーリンク

健康な髪は生活習慣から

髪の毛が成長するときに、生活習慣が乱れていたら生えてきた髪にも影響します

健康な髪を作るためには、喫煙や寝不足を避けバランスの良い食生活を心がけましょう

スポンサーリンク
おすすめリンク
うねりや広がりを押さえたい 自分で出来る梅雨時のヘアケア はコメントを受け付けていません 梅雨