桜の名所2019【中部】兼六園 桜の季節は無料開放でライトアップもあり

兼六園は日本三名園の1つで、金沢に訪れる世界各国の人々でにぎわっています

4月になると、約40種類、400本の桜が園内いたるところで咲いています
様々な品種があるため、長い間お花見を楽しむことができます

特に有名なのが、菊桜です

兼六園では桜の時期には無料開放されます
夜にはライトアップされ、昼間とは違った美しさを見せています

スポンサーリンク


兼六園の無料開放の時期

兼六園では気象庁の開花宣言があると、無料開放されます
そのため、毎年無料開放の時期が変わってきます

下記は2018年の情報です。2019年は開花情報が発表され次第更新します。

  • 期間    : 平成30年3月31日(土)~4月8日(日)
  • 開園時間  : 7:00~21:30
  • ライトアップ: 18:00~21:30

兼六園のホームページには、ライブカメラが設置されており、毎朝8:30分に更新されます
ページの一番下にあります
お出かけ前に確認すると良いかもしれません

兼六園のホームページはこちら

兼六園菊桜

花弁が300枚近くあり、菊のように見えることから菊桜と呼ばれます
開花時期は4月下旬から5月上旬です
開花してからはなびらの色が濃紅、薄紅、白と変わって行きます
兼六園の菊桜は天然記念物の菊桜の2代目です

兼六園の交通アクセス

JR金沢駅から車で約10分です

バスは「兼六園下」バス停で下車

自動車は北陸自動車道
金沢西IC 約30分
金沢東IC 約30分
金沢森本IC 約20分

駐車場:514台 7:30~22:00 料金 最初の1時間350円 超過30分毎150円

スポンサーリンク

兼六園でランチ

兼六園の中には時雨亭(しぐれてい)という甘味処があります
お抹茶720円
お煎茶310円

兼六園の周りには、観光地らしく食事できる店がたくさんあります
せっかく金沢に来たのだから金沢料理を食べたいという方が多いでしょう

そんな方には「かなざわ玉泉邸」
築200年の武家屋敷から、お庭をながめながら、ランチができます
兼六園から徒歩3分の場所にあります
予約をしてから出かけましょう

かなざわ玉泉邸のホームページはこちら

スポンサーリンク
おすすめリンク
桜の名所2019【中部】兼六園 桜の季節は無料開放でライトアップもあり はコメントを受け付けていません。 全国