おせちに入っている料理の種類と由来

%e3%81%8a%e3%81%9b%e3%81%a1_640

お正月に食べるおせち

若い世代だと、自分でおせちを作る家庭も少なくなってきたのではないでしょうか

それでも、お正月には、おせち料理がないと気分が出ないという方も多いでしょう

おせちに入っている料理には、それぞれ意味があります

折角おせち料理を食べるならば、その意味と由来を知っておきたいものです

おせち料理はその調理法や種類によって重箱に詰められています。

その種類は次のようなものに分けられます

スポンサーリンク


祝い肴

正月に欠かせない3種の肴、「黒豆」、「数の子」、「田作り」を祝い肴といいます
関西では、黒豆の代わりに「たたきごぼう」を加えます

黒豆

「まめ」にはたらくの語呂合わせです
また、黒い色は道教で魔よけの色とされています
真っ黒になるまで、まめにはたらけるように健康で過ごせるようにとの願いが込められています

数の子

ニシンの卵です
卵の数が多いので、ニシン(二親)から多くの子供が授かるようにとの、子孫繁栄の意味があります

田作り

田畑の肥料として、小魚が用いられていたことから、小魚の料理を田作りと呼びます
五穀豊穣を祈願しています

たたきごぼう

しっかりと根を張るように、その土地で安泰に過ごせるようにごぼうが使われます

口取り

本来は酒の肴のことを指しています
現在ではお正月に食べる、「かまぼこ」「きんとん」「伊達巻」のことを指す事が多くなっています

かまぼこ

丸いかまぼこは日の出を象徴しています
紅白のかまぼこの紅は魔よけの白は清浄をあらわします

きんとん

漢字で「金団」金の団子です
金運を願っています
黄金色に近い黄色のサツマイモや栗をつぶしたものです

伊達巻

たまごを焼き巻いたものです
その形が巻物に近いことから、学業の成就などの意味です

スポンサーリンク

焼き物

海の幸などを焼いたものです
「海老」、「鰤(ブリ)」、「鯛(タイ)」などです

海老

ひげが生え、腰が曲がるまで生きられるように、長寿を願って入れられます

鰤(ブリ)

鰤は稚魚のときから成魚になるまで、名前が変わる出世魚です
世に名前が知られるようにとの、出世を願っています

鯛(タイ)

祝い事には「めでたい」の語呂合わせで欠かせない魚です

酢の物

紅白なます

なますとは、魚や肉を酢でしめたものですが、正月に食べる紅白なますは、にんじんと大根を酢漬けにしたものです
紅白はお祝いの水切りを模しています

煮物

家族が仲良くいられるとの願いから、山の幸を中心にいろいろな食材を使います

里芋(サトイモ)

親芋に子芋がたくさんつくことから、子宝を祈願しています

蓮根(レンコン)

穴がたくさん空いていることから、見通しがよい一年を送れるようにとの願いです

くわい

くわいの芽は大きいので、大きな芽が出るようにとの願いが込められています

 

スポンサーリンク
おすすめリンク
おせちに入っている料理の種類と由来 はコメントを受け付けていません。 新年