インフルエンザは薬では治らない! 自然治癒しかありません

inavir640

インフルエンザはウイルス性の病気です
ウィルスが体内に入ることを感染といいます
インフルエンザウイルスに感染するのは、年齢や身体の丈夫さとは無関係
症状が出るか出るかどうかは、インフルエンザウィルスに対する免疫力の強弱で決まります

感染した場合、免疫力を高めるために予防接種を受けていれば発症を抑える可能性が高くなります

もし、発症してしまったら多くの人は病院に行くでしょう

スポンサーリンク


インフルエンザの特効薬、タミフル、イナビルの効果

インフルエンザの特効薬と言われている、タミフル、リレンザ、イナビルはウィルスの増殖を抑えるのではありません
これらの薬は細胞の中で増殖したウイルスが細胞膜を破壊するのを防ぐ働きをします
つまり、ウィルスをやっつけるのではないのです

その効果としては熱が下がるまでの期間を1~2日短縮するのみです
熱が下がっても、ウィルスがいなくなった訳ではないので、他の人に感染させるおそれがあります

小学校などでは、インフルエンザの発症から5日程度は休むべきとされています
つまり、熱が下がったか否かによらず、5日程度は他人にウィルスを感染させるおそれがあるということです

仕事で、どうしても休めない場合

会社員の場合、5日間会社を休める人はそれ程多くないでしょう

タミフルやイナビルはウィルスが増殖する前が効果的といわれています

感染してから24時間以内であれば、ウィルス抑制に効果を発揮します

つまり、周りにインフルエンザの同僚がいて、感染の疑いがある場合には、すぐに病院に行って薬を処方してもらえば、高熱が出て仕事に支障をきたすおそれは少なくなります

ただ、熱が無いといっても、5日程は他人に感染させるおそれがあることを忘れてはいけません

マスクをして、手洗いなどもきちんと行いましょう

スポンサーリンク

理想的には

他人にインフルエンザを感染させないためにも、休養して免疫力を高めるためにも、発症が判明して5日ほどは、自宅で休養するのが理想です

熱が出るのは、ウィルスに対する免疫作用が働いているからです

無理に体温を下げるのは、この免疫作用を阻害するおそれがあります

また、薬には必ず副作用もあります

タミフルは、服用後の異常行動が問題になりました

熱による、倦怠感やストレスを受け入れられるならば、薬で無理に熱を下げるよりも自然治癒力に任せるべきでしょう

スポンサーリンク
おすすめリンク
インフルエンザは薬では治らない! 自然治癒しかありません はコメントを受け付けていません。 インフルエンザ