【Android】漢字検定に特化、漢字学習におすすめのアプリ。中学・高校受験にも【iPhone】

公益財団法人日本漢字能力検定協会により実施されている漢字検定は、漢字の読み書きだけでなく、対義語、類義語、同音・同訓異字など、幅広い漢字知識を計る検定です。

中学・高校受験のために。漢字能力の腕試しに。資格取得の趣味のために。
大人から子供まで、とても人気のある資格です。

資格取得のための勉強は、主に漢字の書き取り。
反復学習になります。

子供の頃はひたすらノートに漢字を書いて、漢字を暗記したものでした。
今は、ノートがなくても、スマホを片手にいつでもどこでも漢字学習ができますね。

ノートの方が、書いた実感があるから良いという方もいますが、
スマホアプリがノートよりも良いところは、学習進度や理解度のチェックが簡単にできるところです。

今回は、漢字検定に特化したオススメの漢字学習アプリを紹介します。

 

スポンサーリンク


漢字検定トレーニング

【Android版】【iPhone版】

学校ネット株式会社が提供している「はんぷく」学習シリーズの漢字学習アプリです。

「はんぷく」学習シリーズのいいところは、とにかくテンポ良くさくさく問題が解けること!
無我な演出効果にやる気を削がれるようなことがありません。

2級、準2級、3級、4級、5級、6級で出題される全1494字を収録。
問題数は4192問。5問セットの練習問題と10問1セットの実力テストで、気軽に学習することができます。

「漢字の書き取り」では実際に画面に書いて問題を解くことができます。
うまく文字認識してくれなくてやる気を削がれることがありますが、
このアプリはさくさく文字認識してくれるので、テンポよく漢字の書き取りが行えます。
更に、好みで文字認識のスピードや厳しさを設定することができます。
ただ……、さくさく採点してくれる代わりに、答えが間違っていても字が似ていると正解にしてしまうことがあるのが、ちょっと残念です。

clip_now_20151230_020217
間違えた漢字については、書き順付のお手本の上をなぞり書きして、確認することができます。

clip_now_20151226_234101 clip_now_20151226_234125
「漢字の書き取り」以外にも、「漢字の読み」、「四字熟語」、「部首・部首名」、「送り仮名」、「同音・同訓異字」、「対義語・類義語」の各ジャンルが用意されています。
苦手なジャンルは重点的に学習することが可能です。

辞書機能も備えているので、気になる漢字を一覧から選び、読み、書き順、熟語を確認することができます。

少し残念な点は、2級~6級まで収録されているので、各級の問題数はそれほどないということ。

漢検ラーニング

【Andloid版】【iPhone版】
clip_now_20151227_000027公益財団法人能力検定協会との共同開発による、漢検公式アプリ。
こちらは電子書籍になりますが、手書き入力機能と自己採点機能を持っています。
2級、準2級、3級、4級、5級、6級、7級に対応しています。

学習するには、コンテンツを購入してスマホにダウンロードする必要があります。
購入した問題集は「My本棚」に保存。同一IDでの利用なら、最大5台の端末で利用することができます。(学習進歩度も共有されます)
2級~7級までの全ての級について、お試し版として検定1回分の問題が無料でダウンロードできます。
お試しとはいえ結構なボリュームなので、これだけを目当てにアプリをインストールしてもいいかと思います。

clip_now_20151226_235906学習を進めるには、まず問題集を開いて設問をよく読みます。
ページをめくると、問題文と「NOTE」欄が表示されるので、「NOTE」に答えを記入します。
記入を終えて問題文をタッチすると、問題の答えが表示されます。
合っていたら○を、間違っていたら×を押して自己採点しましょう。
後で見直したい問題にはチェックをつけることもできます。

進歩率や正答率は後から確認することができます。

clip_now_20151226_234820 「級別」だけでなく「カテゴリ別」でもダウンロードも可能です。
「漢字の読み」の問題が苦手だからそこだけ練習したい…というときも、「読み全問7~1級」など、全級またいで苦手カテゴリの問題集を購入することが可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめリンク
【Android】漢字検定に特化、漢字学習におすすめのアプリ。中学・高校受験にも【iPhone】 はコメントを受け付けていません。 スマホ 学習方法