七五三ってどんな行事?いつやるの?行事の内容や着物の選び方紹介

七五三_とは640

自分も5歳や7歳のときはお祝いしてもらったはずで写真も残っているけれども、どんな行事だったかはほとんど憶えていません。

そこで、七五三とはどんな行事で、いつどんなことをやるのかまとめてみました。

スポンサーリンク


七五三の由来

江戸時代に将軍がわが子の健康を祈って始まったとされています。

それが11月15日だったことから、その日に神社やお寺に詣で子供の健康を祈る日になっています。

本来は旧暦なのですが、明治以降新暦の11月15日が定着しています。

子供が数え年で3歳、5歳、7歳のときに次のような行事を行います。

  • 数え年3才(満年齢2才)髪置き(かみおき):それまで剃っていた髪の毛を伸ばしはじめる儀式。主に女の子が行う。
  • 数え年5歳(満年齢4歳)袴儀(はかまぎ):はじめて袴(はかま)を着ける儀式。男の子が行う。
  • 数え年7歳(満年齢7歳)帯解き(おびとき):それまで紐で結んでいた着物を大人と同じ幅広の帯に代える儀式。女の子が行う。

現在では満年齢で行うほうが一般的になっています。
家族写真を撮り、お宮参りに行くのが定番です。



七五三の衣装

それぞれの年齢で着る衣装はどのようなものでしょうか。

  • 3才:晴れ着の上に袖なしの「被布(ひふ)」という上着を重ね着します。
  • 5才:羽織、袴を着ます。懐剣(かいけん・ふところがたな)、末広(すえひろ:扇子のこと)
  • 7才:振り袖に大人と同じ幅広な帯を結びます。

親の服装も子供に合わせて着物を着る場合が多いようです。

後の幼稚園の入園式や小学校の入学式に備えて購入しても良いでしょう。

洋装の場合もせみフォーマルな服装で。

写真撮影では家族写真を撮りますし、神社に参拝する場合もラフな格好だと反対に目だってしまいます。



まとめ

11月15日前後には写真スタジオは込み合って予約が取れなくなります。

神社も混雑するので、すこし時期をずらして参拝する方も多くなっています。

写真撮影は夏休みでの日焼けする前に済ます方もいますが、10月あたりから予約が取りにくくなるようです。

着物のレンタルなどをお考えならば早めに予約しておいたほうが良いでしょう。

 

関連リンク:スタジオアリスで七五三の写真を撮るための基礎知識2015

関連リンク:七五三の写真をスタジオマリオで撮りましょう 安く済ますための裏技紹介

関連リンク:七五三の着物に合うかわいい髪型アレンジ紹介

スポンサーリンク
おすすめリンク
七五三ってどんな行事?いつやるの?行事の内容や着物の選び方紹介 はコメントを受け付けていません。 七五三