毎年9月1日は防災の日 イベント、備えや由来は?

安全第一9月1日は、何の日かご存知でしょうか?

そうです、防災の日です。毎年決まっていますね。

防災の日を含む8/30 ~ 9/5 までを “防災週間” と決められてまして

防災訓練が行われる日は大体この辺りで行われているようです。

ではなんで防災の日と呼ばれるようになったのか?

その由来を、過去を振り返りながら見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


防災の日の由来は?

由来としては大きく2つの要素があります。

まず初めに、大正12(1923)年の9月1日午前11時58分に震度7の大地震が関東地方
を襲いまして、とても多くの尊い人命を失ったことを知って頂きたい。

防災の日はこれを教訓とし、政府・地方公共団体や国民全員が、台風・豪雨・洪水・地震・津波等の
災害についての認識を深めるとともに、こうした災害に対する備えを
充実強化することにより災害に未然防止と被害軽減に役立つための目的で、
伊勢湾台風が来襲した翌年の昭和35年(1960年)に閣議決定したことが1つ目です。

もう1つは、9月1日は「二百十日」です。

立春から数えて”二百十日”過ぎたこの日は、日本に多くの台風が来襲すると言われています。
この二百十日の頃というのは、日本にとって重要な農作物である米の収穫時期に当たり、
台風の来襲によって、収穫量が減ったり等、一年の努力が無駄になることもあったわけです。
過去、昭和49年8/31にも台風16号で多くの人名を失ったことがあったことなど

こういったことから9月1日は防災の日として決められ、8/30 ~ 9/5日は防災週間と定められました。

防災の日の備えは?

日頃から非常袋を用意しておき、非常食、懐中電灯、電池、水、防寒具、軍手、その他必要品

等を入れておくと、いついかなる時や場所に災害が起こったとしても便利でしょう。

避難場所を家族と話し合い、何が起こっても

どこかに集合することを予め決めておくと良いかもしれませんね。

イベント情報

毎年防災週間やその近日になると
防災訓練や講習会等のイベントが催されているようですね。

東京都内合同総合防災訓練

横浜防災フェア

全国のシェイクアウト訓練

九都県市合同防災訓練

みなさまもこの機会に、防災を学んでみてはいかがでしょうか?

災害は絶対にあってしまうことなので、最善の対策をするためには防災に関する知識が必要かと思います。最近は、頻繁に地震が起こっているので今一度、見直してみては?

 

スポンサーリンク
おすすめリンク
毎年9月1日は防災の日 イベント、備えや由来は? はコメントを受け付けていません。 防災の日