鎌倉のあじさい寺 名月院(めいげついん)に行こう

名月院_あじさい640

神奈川県鎌倉市にある名月院(めいげついん)はアジサイの名所として知られています。
通称あじさい寺とも呼ばれます。

第二次世界大戦後に「手入れが楽だから」という理由で植えられたのが、紫陽花でした。
今では、6月上旬から7月上旬にかけて多くの観光客が訪れます。

スポンサーリンク


あじさい寺名月院

境内には約2,500株のアジサイが植えられています。
名月院のアジサイは日本に昔からある品種の「ヒメアジサイ」がほとんどです。
一般的な「西洋アジサイ」よりも、やや小ぶりの花を咲かせます。
中心部には青色の花が植えられており、淡いブルーで埋めつくされます。

名月院_丸窓500

名月院は臨済宗の禅寺で、「悟りの窓」といわれる丸窓があります。
窓からうつくしい庭を眺めると心が洗われるようです。

本堂の裏にある「本堂後庭園」は普段、悟りの窓から眺めることはできますが、
入ることはできません。6月のあじさいの季節には開放されあじさいや花菖蒲の咲いた
庭園を鑑賞できます。

拝観料は通常300円、
6月のみ高校生以上500円です。
庭園の入園料がそれとは別に500円となっています。
拝観時間は9:00から16:00、6月のみ
8:30から17:00になります。

スポンサーリンク

あじさい寺へのアクセス

東海道本線の大船駅で横須賀線に乗り換え、
JR北鎌倉駅から歩いて10分ほどです。

バスだと鎌倉駅から江ノ電バス大船駅行きに乗車して
名月院で下車徒歩1分です。

6月の紫陽花シーズンには混雑が予想されます。
雨が多い季節で、しかも山道を歩くことになるので
歩きやすい靴がおすすめです。

名称 明月院(めいげついん)
住所 鎌倉市山ノ内189
拝観料 300円、本堂奥庭園は500円。
時間 9:00-16:30(11-3月9:30-16:00)、6月のみ8:00-17:00、
本堂奥庭園は6月(花菖蒲)と11月(紅葉)に期間限定公開。
電話 0467-24-3437
アクセス 北鎌倉駅より徒歩10分。
または鎌倉駅から江ノ電バス[2番]大船駅(ルミネ下)行き 名月院 下車徒歩1分
駐車場 なし。
その他 境内禁煙。撮影可。トイレあり。

まとめ

6月の紫陽花シーズンの土日には
北鎌倉駅まで混雑が続くこともあります。

名月院は一年中、花に囲まれていますし、
紅葉も見事です。

スポンサーリンク
おすすめリンク
鎌倉のあじさい寺 名月院(めいげついん)に行こう はコメントを受け付けていません。 梅雨