おせち料理の意味や由来を簡単にまとめました!重箱の意味もありますよ!

どんどん寒くなってきて年末が近づいてきましたね!

年末はやることが多すぎて忙しいですよね。

大掃除や餅つきなどいろいろありますよね。

一人暮らしだとあんまり作らないかもしれないですけど、結婚したり帰省したりするとおせち料理って作る人が増えますよね!

今回はおせち料理の由来や意味について調べましたので、ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク


おせち料理の由来

おせち料理とは、漢字で書くと、御節料理と書き、毎年のお正月に食べるお祝い料理のことですが、おせち料理の始まりは、弥生時代といわれています。

弥生時代から、稲作が始まったというのは歴史でみんな習うことですが、そのころから、自然の恵みに感謝する習慣が生まれ、神様に感謝する行事を行うようになりました。

当時、中国より、季節の変わり目を「節」とした暦がもたらされており、この「節」に合わして神様に感謝して作った料理がおせち料理の始まりだといわれています!

また、正月三が日はかまどの神に休んでほしいという気持ちや、主婦を家事から解放するという意味も含め、保存の効く食材が中心のものになったといわれています。

おせち料理の意味

おせち料理って絶対重箱に詰められますよね。

これにも意味があるんですよ!

「めでたいことを重ねて、幸せが積み重なっていきますように」という願いが込められています。

おせち料理の重箱は、正式には五段重ですが、最近は三段重が主流になってきているのではないかと思います。

今回は三段重のおせち料理をご紹介しますね。

もちろん地域によって異なりますのでご注意くださいね!

一の重

一の重は一番初めにあけるということで、神様へのお願いごとをが詰まった縁起物を詰めた重です。

縁起物とは主に、祝い肴と口取りといわれるものです。

祝い肴とは田作りや黒豆、数の子などを指します。

口取りとは紅白かまぼこ、栗きんとん、伊達巻きなどの甘めの料理を指します。

それぞれ意味がありますのでご紹介しますね

田作り・・・五穀豊穣を願う、健康を願う、子孫繁栄を願う

黒豆・・・健康や長寿を願う

数の子・・・子孫繁栄を願う

紅白かまぼこ・・・初日の出を表す

栗きんとん・・・商売繁盛を願う、金運をもたらす

伊達巻き・・・文化、学問、教養を持つことを願う

昆布巻き・・・喜ぶの語呂合わせ

たたきごぼう・・・開運のゲン担ぎ



二の重

二の重では縁起のいい海の幸の焼き物と酢の物を入れます。

エビ・・・長寿の願い

鯛・・・めでたいの語呂合わせ

ブリ・・・出世を願う

紅白なます・・・紅白でめでたく、根菜のように深く根を張ることを願う

小肌栗漬け・・・出世を願う

三の重

三の重では山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるように煮物を入れます。

蓮根・・・将来の見通しの良さを願う

里芋・・・子孫繁栄を願う

ごぼう・・・安定を願う

タケノコ・・・成長や出世を願う

シイタケ・・・長寿を願う



まとめ

いかがだったでしょうか?

何気なく作って食べていたおせち料理がこんなにもそれぞれ意味を持っているなんて私は思っていなかったです。

知ったから何という話ではありますが、予備知識として持っておくと子供に聞かれても対応できますね!

スポンサーリンク
おすすめリンク
おせち料理の意味や由来を簡単にまとめました!重箱の意味もありますよ! はコメントを受け付けていません。 大晦日 新年