工場見学<東京都>JAL工場見学(無料)~SKY MUSEUM~(JALメインテナンスセンター1)

Jal.cargo.b747-400.ja8909.640arp

東京都にあるJALメインテナンスセンター1では
工場見学用の施設「SKY MUSEUM」が設けられています。
保護者のみなさん、小学生や中学生のお子様と夏休みに飛行機について
学んでみませんか。

夏休みのおでかけスポット、夏休み自由研究テーマとしていかがでしょうか

こちらはJALの飛行機の整備工場です。
整備工場内に「JAL工場見学 – SKY MUSEUM – 」という名称の工場見学コーナー
が設けられています。

スポンサーリンク


工場見学へ行かれる方へ

この見学会は、大きく分けて「展示エリア見学」、「航空教室」、「格納庫見学」
の3つに分けられます。

「展示エリア見学」は、航空業務に携わる職業の解説資料や、それら職業の
体験コーナーである「仕事紹介エリア」、JALの創生期から現在に至るまでの
史料を展示した「アーカイブスエリア」、飛行機に使われる実物の座席がある
「座席実物展示エリア」などに分かれています。

各エリアに関して簡単に纏めてみました。

「仕事紹介エリア」には、空港スタッフ、客室乗務員、パイロット、空港整備士、
貨物スタッフなど5つの仕事について紹介されており、スタッフの七つ道具の
展示やクイズの他、シミュレーターで操縦席に座る体験などができます。

「アーカイブスエリア」には、歴代客室乗務員の制服やJALの年表と各年代
の資料、歴代航空機の模型などが展示してあります。

「座席実物展示エリア」には、国際線の座席や、国内線ファーストクラスの
座席などの実物が展示されており、一部座席には実際に座ることができます。

また、この「展示エリア見学」はグッズの販売や各種制服を着ての
記念撮影コーナーもあるため人気があります。

「航空教室」は、元パイロットや元客室乗務員が羽田空港の紹介や
飛行機の構造、飛行機が飛ぶ仕組み、飛行機の運航などをスライドや
ビデオを使って説明してくれます。
こちらで教わった内容を纏めて自由研究として発表してみるのもいいかも
しれませんね。

「格納庫見学」では、実際に飛行機を整備している格納庫を見学でき、
普段遠目に見る機会しかない航空機を間近で見学することが出来ます。

更に、運がよければ格納庫内から目の前の滑走路を行き来する多くの航空機を
観る事ができるそうです。

2014年10月からは、紹介した工場見学コースの他に施設見学コースとして、
展示エリアを50分間見学する施設見学コースが設けられるそうです。

JALメインテナンスセンター1情報


名称    :JALメインテナンスセンター1
場所    :〒144-0041 東京都大田区羽田空港 3丁目5-1
駐車場   :バス(団体)のみ
      東京モノレールを利用する場合
       ・東京モノレール「新整備場」駅下車、徒歩2分 
      新整備場駅へのご案内
       ・浜松町駅から…(新整備場駅まで21分)
       ・羽田空港第1ビル駅から…(新整備場駅まで1分)
       ・天空橋駅から…(新整備場駅まで5分)

見学日   :毎日(年末年始は除く)
参加費   :無料
人数    :・工場見学コース 1~100名
       ・施設見学コース 1~50名
見学対象者 :小学生以上
予約有無  :予約制 インターネット予約        
       見学予定日の6ヶ月前の同日9:30から
所要時間  :・工場見学コース(100分)
        10:00~11:30、11:00~12:30、
        13:00~14:30、15:00~16:30
       ・施設見学コース(50分)
        09:30~10:20、11:00~11:50、
        14:00~14:50
内容    :施設見学
お問い合わせ:03-5756-1155(受付時間 9:30~16:30)

(JAL工場見学見学動画)

 

スポンサーリンク
おすすめリンク
工場見学<東京都>JAL工場見学(無料)~SKY MUSEUM~(JALメインテナンスセンター1) はコメントを受け付けていません。 工場見学