桜の名所として有名な千葉県にある亥鼻公園と茂原公園を紹介!様々なイベントも用意されています!

4月と言えば桜が満開する季節であり、お花見の季節でもあります。

日本人が桜好きになった経緯は812年、嵯峨天皇が地主神社の桜を気に入り、そこから貴族の間でも広まったことに由来します。

桜は日本全国で見ることができます。そこで今回は千葉県にある亥鼻公園茂原公園を特集していきたいと思います。

スポンサーリンク


亥鼻公園

亥鼻公園は、1126に居館を構えた千葉市発祥の地です。また、1861の千葉八景に「猪鼻山の望月」が選ばれるなど、千葉の中でも名所として親しまれてきた場所です。
亥鼻公園は千葉市にある有名な三公園のうちの一つとして有名です。まず1873年に県庁裏公園が開設され、猪鼻山公園は1909に建設を始めています。荒木山公園の建設は1933年に開始されています。
1981年に「いのはな亭」というものが開設されています。公園にはソメイヨシノがおよそ100本あり、毎年「千葉城さくら祭り」が開催されます。祭り期間中の夜は、提灯の点灯、千葉城のライトアップが行われ、夜桜を綺麗に演出させます。

期間

3月下旬~4月上旬

場所

入場料

無料

スポンサーリンク

茂原公園

日本さくら名所100選に選ばれている名所です。弁天湖の周囲には、ソメイヨシノなど約2850本が咲き、春の訪れを感じさせます。遊歩道も整備されていて、桜を見ながら散策することもできます。3月下旬から4月上旬は桜まつりが行われ、太鼓やバンド演奏、バザーなどが行われます。

桜の見ごろは4月の上旬であり、満開になった桜と弁天堂の組み合わせは美しく、絶好の写真撮影のスポットになるのではないでしょうか?

さらに桜祭りの期間には出店も並ぶので、まるで夏のお祭りを思い出すかのようなイベントだと思います。

期間

3月下旬から4月下旬

場所

入場料

無料

公式サイトはこちら

まとめ

今回は千葉県にある亥鼻公園茂原公園について紹介しました。

まだまだ桜の名所はたくさんあるので、随時取り上げていきたいと思います!!

スポンサーリンク
おすすめリンク
桜の名所として有名な千葉県にある亥鼻公園と茂原公園を紹介!様々なイベントも用意されています! はコメントを受け付けていません。 一覧